1. ホーム
  2. 事業案内
  3. 環境事業
  4. 廃プラスチック減容機

廃プラスチック減容機

概要

プラスチック製容器を圧縮して、嵩を減らしハンドリング性を向上させることを目的としている装置です。本装置は主に自治体に納入し、家庭から排出される「その他プラスチック包装容器」の圧縮・梱包に使用されています。


装置の仕組み

ホッパに投入されたその他プラスチックは、圧縮シリンダにより複数回圧縮室に充填され所定の圧力で圧縮されます。
圧縮された成型品は排出後にバンド掛けをします。

KC-1000型:写真

廃プラスチックの処理に合わせた、装置の設計・製作が可能です。

お客様のご要望により、適切な装置をご提案致します。

お問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る