大型張ブロック

北陽式隅切新型(120m/m)張ブロック

特徴
  • 法面が1.5割以上の緩勾配に使用します。
  • 額縁形状に特徴があり、法面勾配が2.0割までは雨水・土砂・ゴミ等が溜まらない形状となっているため、法面の維持管理が容易です。
  • 隅切部からなまし鉄線を設けており、製品同士の連結はこのなまし鉄線を用いて緊結し、コンクリートで間詰する。
  • 製品の目地は噛み合わせ形状とし、製品の下面は面取りしているため、敷設の際に砂利等が噛むことがありません。
  • 大型ブロックとしたことにより、機械施工による大幅な省力化・工期の短縮が図れます。

北陽式隅切新型(120m/m)張ブロック:写真

北陽式隅切新型(120m/m)張ブロック:図面写真

北陽式隅切新型(180m/m)張ブロック

  • 法面が1.5割以上の緩勾配に使用します。
  • 隅切部からなまし鉄線を設けており、製品同士の連結はこのなまし鉄線を用いて緊結し、コンクリートで間詰する。
  • 製品の目地は噛み合わせ形状とし、製品の下面は面取りしているため、敷設の際に砂利等が噛むことがありません。
  • 大型ブロックとしたことにより、機械施工による大幅な省力化・工期の短縮が図れます。

北陽式隅切新型(180m/m)張ブロック:写真

北陽式隅切新型(180m/m)張ブロック:図面写真

ページの先頭に戻る