1. ホーム
  2. 事業案内
  3. 土木資材
  4. その他
  5. 追加施工ウィープホール

追加施工ウィープホール(NETIS登録技術 登録番号:HK-160016-A)

概要

近年、老朽化したフルーム水路が集中豪雨時の外水位の上昇により、浮上する事故が多発しています。一般的な対策として、躯体壁面下部をコア削孔し、ウィープホールを無収縮モルタルで設置する工法がとられていました。
しかし、機能の寿命やメンテナンスサイクルなどについて未検証であった為、機能の長寿命化・メンテナンスサイクルの長期化・洗浄方法について検証した、集水管付ウィープホールを開発しました。
従来の工法では背面水位が高い箇所で流水を止めることが難しく、取付が非常に困難でありましたが、今回開発したウィープホールはゴムリングを取付けることにより、施工の省力化を可能としました。

特徴

  • 取外し可能なため洗浄効果が高く、定期的なメンテナンスにより機能が持続できます。
  • ゴム輪による設置で施工が容易になります。またが出ている箇所でも施工が可能で、冬期の施工でも養生が不要です。

ゴム輪付ウィープホール HK-50

 ※削孔径がφ80と小さいため、躯体の鉄筋を切断する事無く設置が可能です。
 ※ケース長が85mmと小さいため、薄肉部材のコンクリート二次製品等に最適です。





ゴム輪付ウィープホール HK-50C

 ※削孔径がφ80と小さいため、躯体の鉄筋を切断する事無く設置が可能です。
 ※ケース長が53mmと小さいため、薄肉部材のコンクリート二次製品等に最適です。





ゴム輪付ウィープホール HK-75

 ※従来品と比較して、閉塞(機能停止)までの期間が2倍以上に伸びます。

   



ゴム輪付ウィープホール HK-75 セメントペースト充填タイプ

 ※従来品と比較して、閉塞(機能停止)までの期間が2倍以上に伸びます。
 ※無収縮セメントペーストによりしっかり固定されます。

   

施工状況

製品の詳細等のお問い合わせは下記までご連絡下さい。
 北海道支社 技術開発課
  メールでのお問い合わせはこちら
  電話でのお問い合わせ : 011-711-7105


実績表

       
施工年月 発注者 工事名 数量
H27.09 北海道開発局
函館開発建設部
国営かんがい排水事業大野平野地区
用水施設付帯整備外一連工事
260
H27.11 北海道開発局
札幌開発建設部
雨竜暑寒農地整備事業4丁目基線北工区 180
H27.11 てしおがわ土地改良区 天塩川地区 補修工事 330
H27.11 北海道開発局
室蘭開発建設部
道央用水(三期)農業水利事業
付帯施設清水沢工区建設工事
9
H28.04 長沼土地改良区 長沼地区用水路補修工事 30
H28.09 北海道開発局
室蘭開発建設部
道央用水(三期)農業水利事業
付帯施設清水沢工区外一連建設工事
6
H28.09 北海道開発局
札幌開発建設部
長沼地区長沼幹線用水路工事 1410
H28.10 雨竜土地改良区 施設改善対策事業 満寿工区 180

ページの先頭に戻る